ガーデニングで快適空間を作りだそう~コツコツ綺麗に庭改革~

ガーデニング

時期になると訪れる

庭

今も昔も変わらず

草取り日常的な習慣で、春から夏にかけ気温が上がるとともに草木も生い茂り始めます。そして夏真っ盛りになると草の成長は著しくなりますます伸びていきます。そうなってくると大変なのが草取りになります。家庭の庭などでも見られますが草が伸びると虫が沢山よって来たりします。そうなると夏場の熱い時期には窓を開けていられなくなりますから草取りが必要になります。昔の作業の仕方はほとんどが手作業となっていました。かまを使いながら腰を下げて作業をしていました。手作業には時間もかかります。ですが、近代的になってきた今は草刈機というハイテク機器がありガーデニングなどの作業スピードが断然上がっています。そういった今と昔ではこんなにも違うようです。

メリットデメリット

手作業と機械の違いを見てみると、まず手作業では鎌が使われます。狭いところなどでも小刻みに使用することができます。また、手作業で草取りすると草の根元まで引っこ抜くことができて、増殖を防ぐことができます。そんな草刈機では根っこまで刈ることができず表面だけの処理となりますので1か月くらい経つとまた元通りとなります。ですが広い面積を草取りするとなると便利です。といったようにそれぞれにメリットなどがあります。家庭でやる分には手作業がいいです。また、除草剤というものが販売されていますので草取り後撒くことで草が生えてこなくなり、根元まで枯らしてくれます。これを使用することによって、草取りに必要な雑草が生えてこなくなるから非常に便利です。

草刈りを専門にしている業者の存在

田舎

最近は、草刈りを専門にしている業者に、草刈りを依頼する人が増えました。高齢化社会を見据え、こうした業者は今以上に増えてくると思います。こうした業者が増えれば、競争は激しくなるでしょうから、今よりも料金は安くなる可能性が高いです。

芝生の手入れの注意点と利用法について

畑の手入れ

庭の芝生手入れは自分で行うと以外に重労働でありますが、植木屋では電話一本で依頼出来るためとても簡単に利用することが出来ます。ですが手入れの際に除草剤や薬剤を使うことがあるため、事前に周辺住民に断っておくか承諾を得る必要があるので注意が必要です。

手間がかからない方法

ガーデニング

草むしりをすることで環境を整備してくれるとともに害虫を寄せ付けないなどのメリットがあります。ですがデメリットとしては肉体的な重労働という面もあるのですが除草剤を使うことでそういった負担が無くなります。